「ルーテル教会案内」

三田北摂ルーテル教会は1985年にこの地で礼拝を始めました。1992年に新会堂を建築し、北欧風のパイン材を用いた美しい礼拝堂が完成しました。毎週オルガン、ピアノ、ギターを用いて心から神様を讃美しています。

ルーテル教会は音楽あふれる礼拝が特徴です。有名なバッハも当時ルーテル教会の音楽を担当していました。そして礼拝では、イエス・キリストの十字架を通して与えられている愛と恵みに包まれて、いつも生きる喜びと勇気が与えられています。どうぞあなたもぜひ、神様の愛と喜びに満たされるために教会へお越しください。心からお待ちしています。

ルーテル教会の名前の由来は、1517年ドイツで始まった宗教改革者マルティン・ルターの名前です。私たち近畿福音ルーテル教会は、ノルウエー宣教団体によって1961年に設立された近畿地方に多くの教会を有する宗教法人です。

『ルーテル教会の特徴』

「聖書のみ」イエス・キリストを救い主として証しする聖書のみが、信仰と生活の唯一の完全な規範であると信じます。

「恵みのみ」私たちは人間の行いによってではなく、神様の一方的な恵みのみによって救われることを信じます。

「信仰のみ」神様の恵みは、イエス・キリストを救い主と信じる信仰によってのみ受け取ることが出来ると信じています。

 

牧師           

末岡成夫(すえおかしげお)


書籍刊行のお知らせ

祈りつつ準備してきたやさしいキリスト教入門書が完成しました。

近畿福音ルーテル教会の支援の下に、リトン社さんが全面協力して下さり、キリスト教の入門書として、小教理問答書の解説書として、伝道にも用いていただける内容です。

末岡成夫牧師と、神学校時代の同級生の高力義博牧師と藤江健牧師の三人での共同執筆です。それぞれの牧師の献身の証も含まれています。

ここまで導いてくださった神様に感謝いたします。